SCROLL

ABOUT

震災後の2012年、東北の地での炊き出し。
「レフェルヴェソンス」生江史伸がつくったホワイトソースの煮込みハンバーグを
「ル・シュクレ・クール」岩永歩がつくった真っ赤なビーツのパンに挟んで、
仮設住宅で避難生活する人々に食べてもらったことが、
この店が始まるきっかけとなる出来事でした。
それまで互いのことをあまり知らなかったにも関わらず、
食べてもらった人々が喜ぶ姿に、
自分たちが美味しいものをつくろうとしてきた意義を共有できた瞬間でした。
その後もパンと料理での切磋琢磨は続き、紆余曲折を経て、
いつの日か一緒にお店をつくることを考えるようになりました。
そして、二人のパンと料理に寄り添ってもらいたい飲み物を考えた時、
「フグレントウキョウ」小島賢治の淹れるコーヒーがそこにありました。
生江が日頃通う場所です。

店名の「bricolage / ˌbrɪkəˈlɑːʒ / ブリコラージュ」は元はフランス語で、
英語では「DIY」、つまり「Do It Yourself」。
もしも欲しい時間や場所があるならば、自分たちの手でその世界をつくってしまおう。
そんな思いを込めました。
パンと料理とコーヒー、それだけではなく、
お店のデザイン、材料、家具、設備、植物、音響、食材、調味料、カトラリー…
空間を構成するすべての要素、それをつくる人びと、
そこにあるべき価値を「ブリコラージュ」したいのです。

「ブリコラージュ」の先に私たちが見るものは、日常のそこにある気持ち良さ、
そして人びとの幸せです。
それは「美味しさ」によってつくることができるはずです。
「美味しさ」を通じて人びととその意思が、まるで木の枝のように上や横に広がって、
葉が芽吹き、花を咲かせていくように、どんどんと成長していく。
その道程で人びとの日常の中にある何気ない食べ物がどれだけ大切か、
気づきに深くつながっていくことを願っています。

気持ちの良い人びとと美味しいものが溢れるこの場所で、
目を閉じて深呼吸をしてみてください。
目を開けた時、いままでの世界よりも多くの彩りが加わっていたら、
それが「ブリコラージュ」のはじまりです。

MESSAGE

  • こんにちは。ブリコラージュブレッド&カンパニーの、ブレッドのお父さん、岩永と申します。 普段は、大阪のシュクレクールというパン屋で、素晴らしいパンを焼いております(自分で言う)。 早速、ブリコラージュブレッドのブレッドの紹介をさせていただきますね。使わせてもらってる小麦は、全て国産小麦です。そして、なるべく全粒粉で作りたいと思っています。 その根底には、「なるべく顔の見える食材を使いたい」と願う、キッチンその他諸々ほぼ全部を監修する、生江シェフの精神があります。 そうなると、必然的に国産小麦、数名の信頼できる生産者や製粉会社に限られてきます。 「合わせて欲しい」と頼まれたわけではありませんが、生江さんと仕事をするにあたって、ごく自然な選択でした。 シュクレクールがフランス産と国産を入り混ぜた10数種の小麦粉を使ったパン作りをしているのに対し、とても限定的で難しい挑戦ではありましたが、 僕たちは直接訪れて目にし、人や土や麦に触れ、畑の香りや空気を嗅いだ、その感覚をなるべくそのまま、ありのままを表現したいと思っています。 その結果として、「じゃあ、なるべく削りたくないよね」と言う想いをチーム全員で共有し、無理はせずとも、可能な限り全粒粉で作るパン作りを選択したわけです。 その象徴が、店名を冠した「ブリコラージュ ブレッド」です。ただし、「国産・全粒粉」みたいな「スタイル」をウリにするような姑息な手段を取りたいわけではなく、あくまでブリコラージュブレッド&カンパニーのパン作りのフィロソフィーとして、これからも大事に受け継がれ、育てられて行くものだと思っています。 純粋なパン屋ではないブリコラージュブレッド&カンパニーですが、この店がどんな位置付けになり、どんな意味を持つのか、その未来を創って行くのは、現場を担っている次の世代の若者たちであり、足を運んでくださる皆さんでもあると思っています。 自由に、楽しく、あたたかく、店を育ててもらえたら幸せです。

    ル・シュクレクール 岩永歩

  • 自分は、すごい幸せ者です。
    こんなに美味しいパンを焼いてくれる職人の岩永さんと、こんなに美味しいコーヒー豆を焙煎し、淹れてくれる小島さんと友達なんです。

    『美味しい』を通じて、こころの話や、自分が大切にしていること、自分らしくある自由、未来への希望、そういうことを話せる、友なのです。
    これがなければ、このお店が誕生することはありませんでした。
    この一人きりでは持ちきれない幸せを、できるだけたくさんの人たちに共感してもらいたい。
    それは、一緒に働く人間たちであろうと、買っていただくお客様であろうと。
    そういうエゴで作ったお店です。エゴはいいエゴであってほしいと願います。
    もしかしたら、わからない人にはわからないかもしれません。でもまあ、それも世界の多様性かとも思います。
    こんなに『美味しい』時間を通じて、お互いの人生の瞬間をわかちあう。 それ以上、平和なことが他にあるでしょうか。

    是非みなさんも、僕たちの友達になってください。 僕たちも、あなたのことが気になるし、僕たちも理解してもらいたいのです。

    レフェルヴェソンス料理長 生江史伸

  • ノルウェーをはじめとするスカンジナヴィアのコーヒー文化が好きな私は、ヒトが中心にある生活スタイルの演出役としてのコーヒーを、Fuglen Tokyoを通して日本でも提案してきました。

    誰かが幸せな時間を過ごしたいと考えるとき、少しでもそれにプラスの効果を生むようなコーヒーを淹れることができたらといつも考えていました。

    今回、生江さんに、ル・シュクレクールの岩永さんのパンを出す店のコーヒーとして声をかけていただいた時、嬉しそうにパンを食べながら、私たちのコーヒーを飲んでいる人々の姿がすぐに浮かびました。

    朝ごはん、ランチ、ディナー、それぞれの場面に合わせたパンやお料理と一緒にフグレンのコーヒーを楽しんでいただけたら嬉しいです。

    FUGLEN TOKYO 小島賢治

INFORMATION

bricolage bread & co.

Roppongi keyakizaka terrace 1F, 6-15-1Roppongi,
Minato-ku Tokyo, 106-0032MAP

Open Hour
Bread 11:00-20:00
Cafe / Dining 9:00-20:00(19:30 L.O)
Closed
MONDAYS
Tel
03-6804-3350
page top